今は手放した初めて買った車は真っ赤なスポーツカー

当時の私が憧れていた走り屋になる為に、まだ子供だった頃から好きだった車を購入しました。
買った場所は個人経営の小さなカスタムショップでした、そこでは狭い敷地に改造車か多数並び夢のような光景が今でも忘れられません。

そのショップは知り合いの紹介で知ったのですが、まさに自分の憧れの走り屋が通う場所という雰囲気で、どの車を見てもワクワクしたものです。
そしてついに自分が買うことになる車が決まり、期待しかない気持ちで実物を見に行った時の衝撃は凄まじいものです、真っ赤で改造車、さらには車検証まで改造車になっていたのです。

車検証には、車の名前の最後に改も文字が付きます。ナンバープレートの数字も変わっていて、これは絶対に目立つという気持ちで一杯になって大興奮です。
その車に試乗させてもらいました、自分が運転した訳ではありませんが、加速も凄く速い。

こんないい車が自分のマイカーになるなんて夢にも思ってなかったので、それから頭の中はその車だけで他のことなんて考えてもなく、帰ってゲームをするにしてもカーレースのゲームでも買うことになった車を使用し、買った後の妄想を膨らませながら好き勝手にゲーム内で走ったりしてました。
そんな日々から数日経った頃、各書類の手続きが終わったと連絡が入り、待ちに待ったその時が来たのです。

初めて運転席に座りハンドルを握った瞬間にようやく、実感が沸いたのです、夢のような時間。
免許取って間もない初心者がその時からマイカーとなったそのテールランプ付近に堂々の初心者マークです。
恥ずかしくもなんともない、むしろ初心者だけどこんな車に乗ってるんだと嬉しくなるばかりです。

家に帰り、早速知り合いのところに出かけたり、洗車を毎日のようにしたりと車中心の生活になりました。
コンビニ行っては小さい子供達の注目を集めたり、同じように改造車に乗っている人達にはよく見られたのを思い出します。

特にどこかに行くわけでもないのに運転席に座り、煙草を吸う時間が好きでした、ちなみに私は二十歳で免許を取っているので煙草も犯罪ではありません。

そんな車との別れも今ではいい思い出、ガソリン値が高騰した時ハイオクを満タンにするのも大変な額でした。
一日稼いでも満タンになんてできない金額で、家庭も裕福な方ではなかったこともあり仕事に行くにしても、その車ではどうしようもなくなってしまいました。

通勤に使えない車ということで家族にはもう反発を受け、真夜中に家を飛び出して公園に行き。
缶コーヒーを飲みながら煙草を吸って車をずっと見ていました。
感じたことのない程の辛さ、悲しみが不意にこみ上げて思わず涙が止まらなくなりました。

その帰り道、それが最後のドライブだとわかっていました。
私は心の中でお別れを言いながら、数ある思い出を振り返りながら、静かに車のカギを閉めました。

それから数日して、本当のお別れ。
家族の知人がその車を譲って欲しいということで、受け取りに来たのです。
久しぶりに聞くエンジン音、私は家からでる事もできず、段々と遠くなっていく音をただ聞いているだけ。

そんな初めての車はシルビア。恐らく最初で最後の愛車となることでしょう。

初めて自動車を購入した時の事は今でも鮮明に覚えている

私が自動車免許を取得したのは、20歳の時でした。免許を取ったらまずは自分の車がほしいと思い、色々な雑誌(当時はインターネットが普及していませんでした)を読みあさりました。以前から気になっていた、トヨタレビン(AE92)を購入しました。値段は確か50万円くらいだったと思います。兄の知人の自動車整備工場から直接購入しました。色はガンメタ、マニュアルトランスミッションでした。グレードはGT-APEXという最高位グレードでした。走行距離は7万キロぐらいでした。
 購入して喜んで乗りましたが、すぐに不具合が発生しました。まっすぐに走らないのです。ハンドルから手を離すと車が左によって行きます。初心者マークをつけてまっすぐに走らない車を運転することは、非常に怖い思いをしました。同上していた母親にも「怖いね」と言われました。購入した工場に持っていくと、「アライメントを取り直さないとだめだね」と言われました。アライメント?車の知識がまだ当時は乏しく、何のことかわかりませんでした。とりあえず工賃を聞くと計測で15,000円。調整一か所5,000円と言われました。
 貧乏学生だった私は当然そんなお金はなく、そのまま乗り続けました。まっすぐに走らないので、乗る機会もだんだんと減っていきました。車には乗りたいのですが、運転していると気持ちが悪くなるようになっていました。洗車も買ったばかりのころは、月に2回はしていたのが、2ヶ月に1回くらいに減りました。それだけ車への愛着が減ってしまっていたのかもしれません。あれほど夢に見ていたレビンが本当に嫌になっていました。
 結局、アライメントはそのままに約3年ほど乗り続けました。本当に必要最低限の所要に使うのみでした。走行距離は購入してから、12,000㌔くらい乗りました。スタイルは2ドアクーペで本当にかっこよかったのでずっと乗りたい気持ちがありました。しかしアライメントの不具合によってタイヤも内側のみが偏摩耗するようになっていました。購入当時に履いていたタイヤは、FFだったので前輪の内側の溝だけが無くなってしまいました。タイヤの偏摩耗、マフラーの穴、タイミングベルトの交換時期といろいろなものが重なって、とうとう維持しきれなくなりました。購入して約3年半が過ぎました。もうレビンへの愛着がなくなり、次の車を手に入れるために地元のモータースに下取りしてもらいました。下取り価格は10万円くらいでした。美人薄命。かっこいいだけでは車はだめだと勉強になりました。

引越しの為に車を手放した時の話

私が二十歳の頃、短期大学を卒業し晴れて新社会人になり就職先が地方の会社になりました。その時私は初めて車を手放したのでした。
生まれも育ちも東京の私にとっては始めての一人暮らし…。期待と不安を天秤にかけてもどちらも譲らず平行になるくらいどちらの気持ちも大きかったです。生活をしていく中で必要になってくるのが自転車です。私は一人暮らしは初めてで家具や家電なども家族で使用していたものばかりだったので全てを買い揃える必要性がありました。そのため引越し業者は雇わず、最小限の自分の荷物を自家用車で運ぶことになりました。そこで引越し先で買うもののリストにあがってきたのが自転車でした。決して大きくないけれど、かなり安く地元の方に愛されているであろう老舗の自転車屋さんを見つけていました。そこで中古ではなく新車のこぎやすい26インチの自転車を購入しました。買ったばかりのものって、なぜか傷つけまいと無駄に大切に扱います。今でも大切に3ヶ月に1度くらい定期的に自転車屋さんにメンテナンスに出して大切に使用しています。

下取りに出した車が事故車でしたが、その後も変わらぬサービスを受けられました

もう随分以前のことですが、学生時代から憧れていたローバーのミニ・クーパーを3年間存分に乗り込めたので、ミニ・クーパーを下取りに出して車を買い替えしようと考えていました。次に買いたいと思っていたのは、ホンダのアコードワゴン。今振り返れば、結構な人気車種だったと思います。
下取りに出したミニ・クーパーは、対人事故の経験がありました。しかしフレームなどの修復をした覚えがないので「事故車」だったとの認識は無かったのです。
ホンダカーズ埼玉 川越インター店の営業担当の方と商談している中、下取りに出すミニ・クーパーが事故車であるか否かの確認はありませんでした。もしも、「事故歴は?」と聞かれても「無い」と答えていたかもしれません。
3年間楽しませてもらったミニ・クーパーを100万円で下取りに出し、アコードワゴンが納車される迄、普段は読まない自動車雑誌を購入したりして心待ちにしていました。

新車アコードワゴンが納車される当日、ホンダカーズ埼玉 川越インター店へ伺うと担当されていた営業マンから意外な事実を知らされました。「あのミニ・クーパー、事故車だったのですね?」と言うのです。
確かに事故は起こしましたが、フレームの修復まで至っていたとは聞いていなかったのが正直なところで、騙す気など殊更ありませんでした。しかし、「事故車」であった云々は別として、下取り価格はそのままに新しい車へ買い替えることが出来たのす。
「事故車だったのですね」と聞かれたことから、事故車であったか否かで、その後の売買に影響があったのは間違いなさそうです。しかし、その後定期点検などでお店を伺う際には、担当営業マンからは良好な雰囲気で接してもらえることが出来ています。

パジェロの廃車手続き後、残価設定型ローンで軽自動車を購入

2016年10月、仕事中の私の携帯電話に妻からヘルプを求める電話が入りました。自宅駐車場に置いてある車は、三菱自動車のパジェロ。既に10年10万kmを超えていましたが、これまで故障らしい故障もなく大事に乗っていた車です。それが、エンジンは掛かるものの前進や後退をしようとすると、エンジンストップしてしまうという状態だというのです。
その時点ではどうすることも出来ずに電話を切り、帰宅後にパジェロを購入した上尾三菱自動車上尾店へ連絡をすると、まずは入庫して点検が必要とのことになり、翌日引き取りに来てもらいました。
点検結果、エンジンに空気を運ぶモーターと、それを制御するコンピューターの故障が分かりました。全て新品に交換すると、工賃含めて30万円ほど掛かるというもので、ディビルト品と呼ばれる中古部品も探してもらいましたが市場には出回ってなく、あえなく廃車の手続きをしてもらうことになりました。
当初、サービスの担当者からは「廃車費用が掛かります」と言われたのですが、現在はどんな事故車でも買い取ってもらえる時代。そんなことはないだろうと、営業に確認してもらったところ、廃車費用はなく、自動車税と自賠責保険の還付もあることが分かり、無事廃車手続きが完了したのです。
そうなると、パジェロに変わる車の購入を考えなければなりません。毎週末になると近くのディーラーや中古車販売店を回りました。狙いは新古車の軽自動車だったのですが、予算的なものを含め「これだ」という車に出会うことがなかなかありません。だいたい毎月1万円、ボーナス時に5万円くらいのローンが希望だったのです。
そこで、残価設定型ローンを利用した新車購入へ考えを切り替え、再度パジェロを廃車手続きした上尾三菱自動車上尾店へ。軽自動車ekワゴンを見積もってもらいました。残価設定型ローンで毎月11,100円、ボーナス時6万円となり、購入することになりました。パジェロを廃車してから1ヶ月が経っていました。
納車されてから暫く、パジェロとの大きさの違いに、妻は「小さい」を連発していましたが、燃費も良く買い物用の車には丁度良い感じです。残価設定型ローンの返済は5年・60回。買い取りとなると、更に3年・36回を追加する予定で、8年掛かりのローンになりそうです。ekワゴンには、少なくとも8年間はトラブルなしの、良い車であることを期待しています。

車を手放す時にしておくこと

ずっと大切にしていた車を手放して新しい車を購入した時の体験談です。

2人目を妊娠したのを機に車の買い替えを検討していました。

現在乗っているのは「ホンダのフィット」です。

高速道路で走ると1Lあたり23kmくらいまで伸びてくれます。

燃費がよく小回りも効くため気に入っていたのですが、

流石に子ども2人になるとフィットでは狭すぎるかなと思いました。

ファミリーカーが理想なのですが収入が少ない私たちにとって

高い税金を払う力がありません。

なるべく税金が安く抑えられる車はないものかと考えました。

そこで見つけたのが「ホンダのフリード」です。

後ろの座席を下に降ろすと座席になるとか。

いろいろ考えるなあと感心です。

座席を降ろすと荷物を置くスペースが狭くなりますが、

ふだんは7人も乗ることはそうありません。

そして嬉しいことに税金がフィットとあまり変わらないこと。

維持費も安くて7人乗れるフリードに釘付けです。

夢のスライドドアも実現しそう。

購入を考えたのはフィットを購入したホンダの代理店「愛媛県久万ノ台店」です。

夫の親戚つながりで紹介してもらったお店なのですが、

営業の方もとても感じが良くいつも笑顔で出迎えてくれます。

私たちが納得いくまで車の説明もしてくださり、

試乗もさせてもらいました。

フリードを購入することは決めたのですが、

悩むのはガソリン車かハイブリッド車です。

ハイブリッド車に憧れを抱いていた私なのですが、

当然ハイブリッド車の方が高いです。

タイプにもよりますが金額の差は50万円ほど。

いくら燃費がよいハイブリッド車を乗っても

差額分のガソリン代を埋めるとなると難しいかもしれません。

夫と「どうする?」数日悩みました。

結局、乗ってみたかったともありハイブリッド車に決定です。

新車を買うことになり、

長年乗ってきたフィットを手放すことになりました。

どれくらいで売れるのかな。

家の近くにあった「ガリバー」に行ってみると

3万円ほどにしかならないとのこと。

走行距離は5万kmほどで見た目も綺麗なのですが、

車を売るとなると安いなあ。

もう一軒近くにあった「ジャック」へ行ってみました。

すると「今即決してもらえるなら10万で買い取りますよ」とのこと。

ちょっと強引な担当の方でしたが、ガリバーより高く買い取ってもらえるので

ジャックで買い取ってもらうことに決めました。

10万円でも大きなお金です。

少しでも新車を買うお金に充てることができてよかったです。

購入したハイブリッドのフリード。

今までのガソリン車に比べてすごく静かで感激です。

そしてアイドリングストップ時やエンジンがかかるときもスムーズ。

燃費は思ったほどは伸びませんが、びっくりしたのが山道の下りです。

1Lあたり30kmも走りました。

燃費が目に見えるのが楽しくて仕方がありません。
いずれにしても車を手放す時にはしっかりとした覚悟と手続きが大切だと感じます。